さて、今年も第2戦を迎えましたマルイコンタクトレンズカップ 3トライジムカーナシリーズ・T-MAN BROS OIL。

今回もSUGO西にてJAF東北地区戦の終了後の開催です。すぐ近くに見えているインターナショナルコースでは

SUGOスーパーバイク120マイル耐久レースの決勝が開催されており駐車場激混みの大賑わい。普段受付場所の

Mパークが有料駐車場となっていたので参加者を一部混乱に陥れるという現象が発生しました(笑)


完熟歩行中にS選手が覗き見撮影しようとしてスタッフに注意される一幕も(笑)まあ↑はパドックから望遠で当日の状況を

皆様へ伝えようと撮った1枚ですので特に問題は無いと思いますが?とにかく雨の中という悪条件の中お疲れ様でしたねぇ。

取材カメラマンの方もSUGOのオフィシャルの方々も頑張っていた様子ですしね。いやはや撮影には悪条件ばかり。

雨は小降りとはいえ斜めに吹き込んでくるという傘が殆ど役に立たない1日でございました。ではコース説明。


な、なんてパイロンの少ないコースなんだ・・・(絶句)

地区戦コースのパイロン減らしただけなのですが、回らないのがとにかく寂しい。渡辺も発狂寸前です!

地区戦では画像上から8番の右の方に1本、4番の下に1本、最後の進入フリースラロームは3本あったはず。

路面状況はウェットのためかなり悪。多分公道より摩擦係数低いです。靴底擦ると滑ります。

案の定コース各所に地区戦ドライバーがコースアウトした痕跡が見られるという恐怖心煽りまくりの完熟歩行。

レイアウトとしては長いので結果的にかなりスローな進行となりました。6→7コーナーで次の車入れられれば早いんですがね

基本的にそれは3トライシリーズではやりませんってのが基本ルールでございます。


MORIYA氏より説明中。聞き逃しの無いように。


一通り準備が整いまして時間は15時。総勢17名によるクローズドクラスより1本目スタートとなりました。

 

とにかくこの1台の走りが皆のイメージに直結いたします。赤門MSCの須藤選手からスタート・・・!!直後の2コーナーで

盛大にスピンするMR2。前期型MR2はスピンしやすいと聞きますがもうどーにもならないってレベルで滑ります今回の路面。

4輪コースアウトのため残念ですがこの場合ミスコースとなってしまいます。

 

雪山に比べたら雨のSUGOなんぞヌルいと言ってしまえそうなたばしね雪山倶楽部の面々が上位を(ほぼ)独占。

4駆勢強いですねェ。伊藤選手のエボ8が優勝。阿部選手のインプレッサが2位、平野選手のエボ7↓が4位となりました。

 

久々のジムカーナで宮本選手のデミオを借りて参加した三浦選手が割って入っての3位。お見事です。

 

上位陣候補だった小原選手は5位入賞圏内。雪山で頭のネジが飛んでいる方々に届くのは難しいか!?

7位、元GC8乗りの古川選手、ワークスに乗り換えての参戦。低μ路では軽量級、強いです。

 

永沼選手はこの路面状況でMR2を見事に走らせての6位。途中タイヤバリアをふっ飛ばすなんて出来事もありました。

 

8位は前戦最下位から急進撃の遠藤選手。3本目ラストのパイロンタッチが凄まじいまでに痛手に。

 

9位は86の河合選手。滑るんだもの、こんな状況下なら電子制御は切らないのが正解なんです。

10位は江田選手。車名空白だけどマーチニスモでいいのかしら?このクルマの次の走行が偉い話題に。それは後ほど。

 

4WDながら苦戦の千葉選手が11位。12位は佐藤選手のMR-S。第1戦での86での結果と

今回の悪路で踏めないMR-Sターボでの結果に凹んでいらっしゃいました。…ドライだったなら!


さーて、今回一番の話題車両がこちら。にっかわのHPをこのクルマで飾りたい!という欲望でエントリーいただきました

阿部選手の持ち込んだコレは往年の名車「スプリンタートレノ(TE27型)」


なんと懐かしみのあるリア周り。綺麗に手入れがされていてすばらしい状態です。時代を超えた美学がそこにある。

 

というわけで以降順位には触れませんがナカノの御二方。芦名選手も親分がヒットマンにやらr(違う)、負傷したご様子?

なので単身でのエントリー。もっと上を目指して頂きたい!!


赤門MSCの3名、須藤選手、高橋選手、齋藤選手。とにかく雨で踏めずに難儀した今回でしたが

 

次回第3戦はホームグラウンドの赤門テストコースでの開催!本気を見せてくれ!! Don't miss it!!


状況故に走行写真の無いCLATクラス。撮影犯、無念!!


優勝はアルトバンの柿崎選手で、2位のヴィッツ小畑選手に3秒の差。ATとは思えぬ好タイムです。GJ!


ここから下はオープンTくっらす!

 

優勝はLSDと高級足、でもスタッドレス履いてきたかと思ったら履き替えていたよSタイヤ!というインチキゴキブリデミオ、宮本選手。


宮本・渡辺それぞれDEデミオでデミデミ。ワタクシ2位だったんですが同じDE5FSで10秒差あるんですぜ?

LSDなしと通常タイヤではこうも差が開くか!しかしながら3本目スピンしてタイムアップを逃しました…

バックギア使ったけどそのタイムでも1分45秒…うーむ!

 

スピンにビビってしまったのか予測タイムに一歩届かずの3位、正木選手。4位は平塚選手。頑張れ馬力では最強Fit3RS!

 

おまけ。デミオの車内より。雨の中頑張るオフィシャル伊藤氏。


おーぷんUクラスっ!

 

まあ、大体この御方が最速、佐柄選手。ウェット路何それ?と言わんばかりの速さ。

 

2位も同様にウェット路って何ですか?渡辺選手のランサー。今回は3本目で僅差まで追い上げました。

3位、地区戦後から飛び入りでの参加は今野選手。踏めないモヤモヤが払拭できず!?

 

4位は千葉選手。RSということは2ZZ-GEの6MTですか!?希少車ですねぇ。 隙間を埋めたのは多田氏のグリーンフラッグ!


リザルト  戻 る  トップ
inserted by FC2 system